腰痛かいぜんスクワットの動画(生野区・東成区今里の整体・整骨院)

マラソントレーニング、スクワット(今里、整体)

スクワット運動は下半身の強化で有名ですが、骨盤の関節の動きを良くする効果もあるので、腰痛対策にもなります。椅子から立ち上がると腰が痛いときなどは、この運動をしてから歩くと、動きやすくなります。日に何度も、こまめにすることで骨盤の関節の動きが良くなります。特にデスクワークの方で腰痛がるひとにオススメです。回数は10回ほど。筋トレではないので、20回30回とやる必要はありません。10回がキツければ5回でもOKです。

当院では、ぎっくり腰の患者さんにスクワットをしてもらうことが多いです。5~10回をイスから立ち上がるときなどにやってもらいます。

注意点は、しゃがむ時に背中を丸くしないこと。膝の調子が悪い人は曲げた膝がつま先よりも前に出ないこと。

 

009901

生野区今里の口コミ一位の整体院のtopページはこちら

股関節の柔軟(生野区・東成区今里の整体・整骨院)

股関節の柔軟(今里のマッサージ整体)

股関節の柔軟(武川整骨院)
股関節の柔軟性UPは腰痛対策の大きな効果があります。股関節が固いと、足からの衝撃を吸収できなくてその上の骨盤の関節(仙腸関節)にその衝撃が加わりやすくなります。
腰割りで股関節がやわらかくなって、長時間歩いても腰が痛くなくなった、仕事中の腰の疲労が減ったなどの声も頂いています。
股関節柔軟性UPに以前腰割り体操を紹介しましたが、体が固い人には難しい場合もあります。
今回は股関節が固くて以前紹介したのがしにくい人用に、やりやすいバージョンを紹介します。
足を出来るだけ開きます、つま先の角度は45度ぐらいで良いでしょう。
股関節の柔軟(武川整骨院)
背筋を伸ばしたまま、真上にスッと立ち上がります。背中が丸くならないように注意!
股関節の柔軟(武川整骨院)
この動作を10回くり返します。
股関節の柔軟(武川整骨院)

 

生野区・東成区今里の武川整骨院のtopページはこちら

腰痛体操1/(生野区・東成区今里の整体・整骨院)

腰痛体操1/(緑橋・新深江・マッサージ整体)

腰痛体操1/武川整骨院

仰向けに寝て、腰の下に片方の手のひらを滑り込ませます。その時、床と腰の間が広く開いている、手を入れてもも隙間がまだあり、手のひらが自由に動かせるなら、あなたは「反り腰」です。
腰骨のカーブがきつくなりすぎで、腰痛が出ている可能性が高いです。普段ハイヒールを履く人。重心が前に行きすぎている人に多いですね。
ハイヒールを履いていなくても、重心が前に行きすぎている人は多いです。重心が前の人は、足の指先の付け根にマメ、タコ、ができていることもあります。
腰痛体操1/武川整骨院
(おしり、太ももの裏の筋肉を鍛える運動)
膝、お腹、肩が一直線になるようにおしりを持ち上げます。
そのまま、軽く腰をそらすように力を入れます。
3秒×10回
腰痛体操1/武川整骨院
(腰の反りを丸くする運動)
腰の下に置いた手のひらを押しつぶすように、お腹に力を入れます。 3秒×10回。慣れてきたら、手を入れずに、腰をしっかりと丸くなるように力を入れる。それぞれ、がんばって、朝晩2セットやりましょう。
地道な継続が腰痛を改善します。

 

生野区・東成区今里の武川整骨院のtopページはこちら

生野区・東成区の整体『腰痛ストレッチ』

生野区今里の武川整骨院です。

生野区中川の武川整骨院
1の続きです。腰を反らす原因になる筋肉のストレッチ体操を紹介します。
生野区中川の武川整骨院
(足の付け根の筋肉のストレッチ)
このストレッチは、腸腰筋という、固くなると、腰を反らしてしまう筋肉を伸ばします。写真では左足の付け根を伸ばしています。左右 30秒×2回
生野区中川の武川整骨院
(太ももの前の筋肉のストレッチ)
この筋肉も固くなると、腰を反らしてしまいます。写真では右太もも前の筋肉をのばしています。左右 30秒×2回
写真のように寝転べなければ、両手を後ろについてやってください。
がんばる方は、少々痛くても我慢してやってしまいますが、どの体操も痛みがあれば、無理してしないようしましょう。

生野区今里の武川整骨院でした。

生野区・東成区の医師推薦整体院のtopページはこちら