AUTHOR

takegawa16

姿勢対策3

姿勢対策3(生野区今里の骨格矯正) 姿勢対策3 骨盤の前後の傾きは意識できるようになったでしょうか?立ったままで骨盤の傾きを変えれるようになってくださいね。 イスにすわって、猫背矯正のための、骨盤の傾き運動をするときは、坐骨を感じながらしましょう。 また、普段イスに座るときも、坐骨で支える事で、姿勢も良くなります。良い姿勢は、腰痛予防にもなりますね。 両足は、しっかりと床に付け、坐骨で上体の体重を […]

姿勢対策1

姿勢対策1(今里駅の鍼灸整体院) 姿勢対策1 昨日、腰痛治療で見えた、OLで20代女性の方から、「猫背を改善たいのですが、どうすればいいですか?」と質問されました。猫背で悩んでいる方は多いですね。 その時したアドバイスは色々あるのですが、今回は、その中の一つの、自宅でできるストレッチポールを使った姿勢改善法を紹介します。 ストレッチポールとは、下の写真のです。 こうやって使います。 上に寝転びなが […]

座ることが多いと腰痛になりやすい

座ることが多いと腰痛になりやすい。(今里・鶴橋の腰痛治療室) 座ることが多いと腰痛になりやすい?(武川整骨院) デスクワークでは、机とイスの高さによって、体が疲れやすくなったりし、それが、肩こり、腰痛の原因になったりします。 適正なイスの高さ。       イスが少し低い 右の写真は、イスの高さが低いために、肩を持ち上げてパソコンをしています。長時間この体勢だと、肩の疲れも早いですね。 長時間の作 […]

腹帯(出産前後の対策)

生野区今里の武川整骨院です。 腹帯(出産前後の対策) 妊娠初期や、出産後に腰痛になる方は多いと思います。 妊娠すると、出産に備えて分泌するホルモンの関係で、関節と靭帯がゆるんで柔軟になります。 普段より、関節、靱帯がゆるんでいるため、骨盤が歪みやすくなったり、腰痛になりやすいのです。 大きくなった子宮の重みを、反り返って支えるために、背骨のカーブがきつくなったりします。姿勢も変わります。 重いもの […]

体のゆがみチェック

体のゆがみチェック(武川整骨院) 当てはまるものが多いほど、骨盤の歪みがある可能性が高いです。 チェック1 朝、起きたら腰が曲がりづらい、固まった感じがして動きにくい、又は腰が伸びない。 (起床後すぐに、立ったままズボンを、すんなり履けますか?) チェック2 30分ぐらい立っていたり、歩いていると腰がだるくなったり、詰まった感じがしてつらい。 チェック3 普段から、横すわり(正座を横にくずした座り […]

簡単!骨盤歪みチェック

簡単!骨盤歪みチェック(大阪今里の治療室) 簡単!骨盤歪みチェック 鏡に向かって自分の骨盤をチェックしてみましょう。両手の親指を左右の骨盤の出っ張りの骨の上にのせてみてみるといいでしょう。 歪みのない骨盤 左右の骨盤の出っ張りの骨の高さ、へそから、左右の骨盤の出っ張りの骨までの距離が等しく、キレイな二等辺三角形を描いています。 歪みのある骨盤 パターン1 骨盤の出っ張りの骨から、へそまでの距離が左 […]

整骨院で交通事故のムチ打ち治療

生野区今里の武川整骨院です。 武川整骨院で交通事故のムチ打ち治療 Q、交通事故でむちうちになり、1週間くらい経ちますが、なかなか痛みがひきません。自分でできることは、ありますか? A、炎症を抑えることが最優先になります。まずは、痛い部分のアイシングで炎症を押さえましょう。 交通事故でむち打ちになった場合、そのダメージは大きく、患部の炎症も長期にわたることが多いです。 決して、血行を良くするという理 […]

必ずして欲しいこと(交通事故でのむちうち治療)

必ずして欲しいこと(生野区・東成区の交通事故でのむちうち治療) 必ずして欲しいこと(交通事故編) 腰痛整骨院の武川です 交通事故にあったら、必ずして欲しい事が2つあります。 1、「警察へ届けること」・・・当事者同士の示談は問題外です、必ずまずは警察に届けましょう。 2、「ケガがあれば、病院を受診すること」・・・たいしたことがないと思っていても、後から痛みが悪化する事はよくあります。少しでも気になる […]

椎間板症とは?

生野区今里の武川整骨院です。 腰痛の1種の椎間板症とは何ですか?(武川整骨院) 椎間板症とは? 加齢などの原因によって、椎間板(図の水色部分)が老化し、水分の減少、弾力性の低下により起こるもの。 動き始めに痛みが生じ、動いていると少し痛みが和らぐとされる。椎間板の変性そのものを治す事は出来ないため、運動で柔軟性、血行を良くしたり、腹筋の強化などが大切になる。 生野区・東成区今里の武川整骨院のtop […]

すべり症とは何ですか?

すべり症とは何ですか?(生野区の整体治療所) 腰痛整骨院の武川です 腰椎すべり症とは 変性すべり症と分離すべり症がある。 変性すべり症は、加齢によって腰椎と腰椎の間のクッション(椎間板)や、椎間関節がゆるんだりしてくると、腰椎を支え切れずに前にズレてしまう。 高齢の女性に多く、悪化すると脊柱管狭窄症を引き起こすこともあります。 分離すべり症は、腰椎分離症(腰骨の骨折)が更に悪化し腰椎が前にズレてし […]