坐骨神経胃痛対策のストレッチ体操(鍼灸整体・今里・鶴橋)

生野区今里の武川整骨院です。

坐骨神経胃痛対策のストレッチ体操 坐骨神経痛とは、坐骨神経が圧迫、牽引(引っ張られること)されることで生じる、神経痛を総称して坐骨神経痛と言います。 坐骨神経痛の症状は、臀部から、太ももの後ろの痛みや、だるさ、シビレとして出ることが多いです。(人によっては、太ももの横、前に出ます。) 神経が圧迫される原因は色々あります。腰椎椎間板ヘルニアは、腰骨と腰骨の間にあるクッション(髄核)が、つぶれて神経を圧迫します。 固くなった筋肉が、神経、血管を圧迫する事で坐骨神経痛が出ることもあります。その場合は、普段からストレッチ体操をする事で、坐骨神経痛の症状を改善する事が出来ます。 1週間ほどストレッチをして、症状に変化がなければ一度医療機関で診てもらうことを、勧めます。 イスに座って出来る、坐骨神経痛対策のストレッチ

坐骨神経痛のストレッチ

写真では、左のお尻の筋肉を伸ばしています。上体を前に倒すと、よく効きます。30秒間 寝転んでやる、坐骨紳経対策のストレッチ

坐骨神経痛のストレッチ

両手を組んで左足を胸に近づけようとします。右のお尻に効いてます。30秒間 無理に伸ばすのでなく、軽く心地いいぐらいに伸ばしてあげてください。

 

009901

生野区今里の武川整骨院でした。

生野区今里の武川鍼灸整骨院のtopページはこちら