腹帯(出産前後の対策)【産後骨盤矯正・生野区】

生野区今里の武川整骨院です。

腹帯(出産前後の対策)
妊娠初期や、出産後に腰痛になる方は多いと思います。
妊娠すると、出産に備えて分泌するホルモンの関係で、関節と靭帯がゆるんで柔軟になります。
普段より、関節、靱帯がゆるんでいるため、骨盤が歪みやすくなったり、腰痛になりやすいのです。
大きくなった子宮の重みを、反り返って支えるために、背骨のカーブがきつくなったりします。姿勢も変わります。
重いものは、出来るだけ持ち上げないようにしたり、ものを拾うときには腰をかがめずに膝(ひざ)を曲げる、良い姿勢を保つといったことを心がける必要があります。
かかとが低い靴をはいたり、腹帯を巻くことで、腰の負担が軽くなります。
一般に、腹帯は「お腹の冷え」、「お腹と胎児の保護」のために、妊娠初期に使いますが、出産後に、さらし腹帯を巻くことで、骨盤の歪み、お腹のたるみの予防も期待できます。
腹帯の種類
 さらし腹帯の巻き方
膝を曲げての物の持ち上げ方

生野区・東成区今里の武川整骨院のtopページはこちら

武川整骨院 544-0005 大阪市生野区中川1-1-7今里オーオービル1F  06-6753-7175