坐骨神経痛・お尻・足のシビレ

【こんな症状で悩まれている方へ】
kansetsutsuu_koshikansetsutsuu_ashikubi
坐骨神経痛・お尻・足のシビレ
「夜中に足がうずいて、痛くて寝れません。」

これは、坐骨神経痛が原因で、
お尻、太もも、ふくらはぎがうずいて、
痛みで夜も寝れない当院の来院者さんの訴えです。

最初は腰からお尻の違和感からはじまり、
腰やおしりを拳でトントン叩いていたそうです。
そのうち治るだろうと放っておくうちに、
足全体の痛みとシビレで夜も眠れなくなったそうです。

心配になって整形外科でみてもらうと、
「薬を出すから、それで、しばらく様子を見て下さい。」
そう言われたそうです。

薬を飲み続けるも、症状はよくならずに来院されました。

私自身も学生時代に、スポーツのケガによる痛みのために、
まともに寝れない日が続いたことがあります。

「今夜も寝れないのだろうか・・・。」
「いつになったらこの痛みがおさまるのだろうか・・・。」
そんな事を考えると不安になり、毎日が憂鬱でした。

お尻や足のシビレ・坐骨神経痛の原因

夜も寝れないつらい症状、睡眠不足が続く事による不安や体調不良。
それらが少しでも改善するのであれば、痛み止めの注射や薬をのむことも
一つの選択肢だとおもいます。

しかし、それらは一時的な対処でしかありません。

当院では、坐骨神経痛によるシビレ、うずき、痛みの原因は、
関節の歪みと、筋肉の硬直と考えています。

関節の歪みと、筋肉の硬直から、body_karada_yugami
血管・神経の圧迫により、
血行不良、神経伝達の不良が起こります。

歪みを整え、筋肉のコリをときほぐすことで、
多くの坐骨神経通は改善していきます。

この文章を読んでいるあなたも、
痛みでつらい日々を過ごしているかもしれませんが、
一日でも早く、元気な元の体になっていただきたいと思います。

喜びのお声

無題4

【中腰になった際に腰を痛め、お尻…】
中腰になった際に腰を痛め、お尻から太ももにかけて痺れがあり来院。
うつ伏せ以外の態勢を取れなくなる程だったが、その日のうちに来院し、施術をしてもらったら翌日には確実に痛みが軽減した。

仕事がら腰に負担をかけやすいので毎回足腰の張りがあるが、根気よく丁寧に施術してもらってます。院内もいつもきれいで、院長はじめスタッフさんもとても優しく対応してくださいます。

Image0055

【左足のシビレ・腰の痛み】
昨年末に歩行中の左足シビレと腰に違和感を感じ武川整骨院にお世話になりました。1ヶ月間電気とマッサージを行っていただき、朝起き抜けの腰の痛み、歩行中のシビレがなくなりました。仕事柄中腰の姿勢も多いですが支障なく日々過ごせる様になっております。武川先生ありがとうございました。

48才 男性 自営業

06-6712-6739

 

新着情報